転職活動のエピログ|転職回数が多いとき自己PRはどうする?

自己PRがうまくいくためのポイント

これから就職活動を控えているあなたにとって、抱える悩みのひとつが「面接で自己PRをどうしていくか」ということだと言う人は多いのではないでしょうか。

就職の成否を分ける可能性がある面接での自己PRがうまくいくためのポイントを以下に3つの切り口から挙げていくことにします。

具体的に話す

まず1つ目のポイントは、自分が学生時代、アルバイト時代などで得た経験やスキルなどを、具体的に話すことです。

例えば、「学生時代にはサークル活動で皆と強調して動くことを覚えました」では不十分で「学生時代には、社会福祉施設で利用者の方と一緒に就労活動や、レクリエーションなどに取り組む経験を4年間積んできました。

その中で、利用者の方や、施設職員、その他のボランティアの方や、地域住民の方々とチームでひとつの物事に取り組み、協調しながら歩むことを学びました」という具合に、具体的に話すことが大切になります。

就職先の求める人物像を把握する

何を話す、PRするにも、就職先が求める人物像に一致しないコメントを残すことにあまり意味はないと考えます。

可能な限り、事前に就職先が求める人物像についてリサーチし、それを念頭に置いた話や自己PRをしていくことが大切になります。

ある程度話の枠組みが必要になるのだと考えます。

場馴れする

どんなに自己PRの準備をしてきても、緊張や不安などを面接場面で過度に感じてしまっては、伝えたい事を伝えることもできません。

故に、特に対人緊張が強い方などは、就職面接のロールプレイを繰り返したり、予想される問答についてイメージトレーニングするなどの、事前準備をしておくことが望ましいかもしれません。

以上のように、就職活動における面接場面などで自己PRをうまく行うためには、一定のポイントを把握しておくことが大切だと考えます。希望する就職を叶えるためにも、相手の心に響く自己PRの仕方を考えておくことが大切になるでしょう。