転職活動のエピログ|転職回数が多いとき自己PRはどうする?

新卒就活と、転職では自己PRは異なります

転職の際の自己PRで、押さえておきたいポイントをお話しします。

これは、言うまでもありませんが、新卒での就活と、転職の就活のもっとも大きな違いは、「職歴の有り無し」でしょう。

つまり、転職の場合は、すでに社会人としての経験があるわけですから、面接などでの自己アピールも、その職歴が中心になってきます。

つまり、「自分はこれまで、こういう仕事を経験してきました」という職歴の説明そのものが、あなたにとって最大の自己アピールになるわけです。

ですから、これまで経験した具体的な仕事について、客観的な自己評価をし、「こういう経験をしてきたので、御社でもその経験を生かせると確信しています」と言うようにアピールするといいでしょう。

2つ目のアピールポイントは、「本当の自分を見つけた」ということです。新卒の就活の際には、自己分析をしたはず。

そして「これが自分のやりたい仕事」とか「自分に向いている仕事」と判断して、応募する企業をセレクトし、就職したわけです。

しかし、結果として、その企業を退職したわけですから、その点にだけ注目すれば、「就職に失敗した」ということになります。

しかし、その失敗経験を通じて、「自分が本当にやりたい仕事が見つかった」とか、「自分に向いている仕事が分かった」ということは、当然あるでしょう。

つまり、就職後の自己分析によって「本当の自分」がわかったわけです。

その点をアピールし、「ですから、御社に応募しました」という説明の仕方をすれば、それが自己アピールになるに違いありません。

もう1つ、転職者が自己アピールするときに押さえておきたいポイントは、「謙虚さを失わないこと」です。転職者の場合、仕事の経験や実績をアピールしようとしすぎるあまり、自信満々に実績を強くアピールしがちですが、これは逆効果。

もちろん、経験や実績のアピールはすべきですが、謙虚さを失ってはいけません。客観的実績をひかえめにアピールしたほうが、効果があるでしょう。

ベストなのは、客観的に経験や経歴を紹介し、それに興味を持った面接官がその経験について質問をたくさんしてくれることです。

つまり、面接官が興味を持つような経歴紹介をすることが、最も有効な自己アピールの方法と言っていいでしょう。