転職活動のエピログ|転職回数が多いとき自己PRはどうする?

就活の自己PRと転職の自己PRとの違い

企業で働くためには、履歴書や職務経歴書を記載しなければならないです。

基本的な自分の情報や、経歴、資格などについては事実を記載するため、大きな時間はかかりませんが就活生や転職する方が困るのが自己PRの部分です。

自己PRが問題なく出来るという経験や自信があるのであれば、履歴書や職務経歴書の枠が埋まるくらいの文章はすぐに書くことが出来ますが、就活生の方は自己PRの欄の記載について、最初は苦労する人も多いです。

ただ、自己PRを書くコツやポイントなどを抑えれば、様々な仕事の面接を受ける際に苦労せずに記載することが出来ます。

特に、就活生の場合は自分自身の経験というのが、学校生活が主となりますので、学校生活で頑張ったことや結果として残っていることをメインに書くことが賢明です。

学業だったり、イベントなどを仕切ったという経験や、スポーツなどの結果などアピールの仕方は様々です。

自信をもって伝えられるものや、伝えたいことについて自己PRとして記載をすると書きやすいです。

ただ、それだけだと評価されない可能性が高いため、会社に入って何ができるかをしっかりと記載することが重要です。

この2点をしっかりと記載していれば、面接官の方もどのような方なのかイメージが出来たりします。

また、学業以外にも、他の学生が行ってこなかったような経験などを記載することも有効です。

企業の人事担当者は、数多くの就活生を面接します。

その為、印象に残すためには、人と異なることでアピールをする必要があります。

人事のプロといっても面接を数多く行えば、特徴のない方などは忘れてしまうことが多いです。

その為、珍しいことをしっかりと自己PRに書くことが出来れば、大きな武器にもなります。

自己PRを履歴書や職務経歴書に記載をするとなれば、就活生は何を書いていいのかわからなくなってしまいがちですが、自分自身が面接官や、人事の方にアピールしたいものを文章にすることが一番大切です。