転職活動のエピログ|転職回数が多いとき自己PRはどうする?

協調性が自己PRのキーです

新卒の就活生であるあなたのために、おすすめの自己PR方法をお話しします。

最初にお伝えしたいのは、相手は面接のプロ。

どんな自己PRをしても、見透かされているということです。

たとえば「やる気は誰にも負けません」とアピールしたとしましょう。

それを聞いた多くの面接官は、「みなさん、そうおしゃいます。それをどう証明できますか?」と質問するに違いありません。

その質問に対して、相手を納得させる答えを返すことは至難の技でしょう。

では、どうすれば、効果的な自己PRができるのか。

1つ目は、「継続力、持久力」をアピールするという方法です

一つのことを長く続けることのできる力を持っている、とアピールするのです。

そういう継続力を持たないために、すぐに仕事を辞めてしまうケースが少なくありません。

採用する側としては、もっとも敬遠すべきタイプの人物と言っていいでしょう。

ですから、「自分は、一つのことを長く継続する力を持っています」と説明することができれば、それが面接での自己PRになるわけです。

次が「協調性」

どんな職種、どんな業種であれ、人間どうしが関わりながら仕事をする以上、協調性は不可欠の要素と言っていいでしょう。

ですから、面接時の自己PRで「協調性」をアピールするのが効果的なのです。

ただし、「すべて人の言いなり」というのではいけません。

自分の主張もきっちりできる上に、最終的にチームワークを最優先にすることができるというのが、「協調性」の本来の意味と考えていいでしょう。

もう一つのおすすめ自己PRは、「人の意見を聞く耳を持っている」ということです。

採用する側が、「こんな人は敬遠したい」と思うタイプの一つが、「頑固で、人の意見に耳を傾けない人」です。

そういうタイプの人を採用してしまうと、教育係の人は苦労します。

そもそも、新卒で、社会経験のない人が、人の意見に耳を傾けないようでは、円滑に仕事を進めることは不可能でしょう。

職人仕事のように、自分一人で仕事の全工程を完結できるケースは例外ですが、ほとんどの仕事は、人と関連し、関係を結びながら進めていくものです。

ですから、「人の意見を聞く耳を持っている」というのは、あらゆる仕事において、プラスに作用するわけです。