転職活動のエピログ|転職回数が多いとき自己PRはどうする?

転職回数が多いときの自己PRのポイント3つ

転職の際に必須なのが履歴書の提出と面接です。

先ずは応募された履歴書の中から書類選考でふるいにかけられて、

書類選考通過者が面接に臨みます。

ですから、最初の関門である書類選考に通る為に、履歴書の記載は手を抜けません。

履歴書というのは素朴な書式で、記入スペースも限られていますから、限られたスペースに簡潔に文章をまとめる事が求められています。

一番肝心なのは、自己PRと志望動機の項目です。

いわば人生がかかった申込書ですから、この小さなスペースに何を書くべきなのかについて迷うものです。

初回の転職でも何を書こうかと迷うものですが、何度も転職している応募者の皆さんは尚さら迷うのでは無いでしょうか。

何度も転職していると言う事実をどう正当化するか?

ここにお悩みがあるのではなかろうかと思います。

余りナーバスに考える必要は無いと思います。

ですが、余りにストレートに書いてしまうのも考え物です。

そこで、転職回数が多い皆さんの自己ピーアールのポイントについて、三つご紹介致します。

先ず最初に、貴方ご自身が回数の多い転職についてどうお思いですか?

当然の結果だとお思いなのか、多過ぎるとお思いなのか。

どちらによるかで書き方は変わりますが、余り前者の方はおられないと仮定します。

後者の場合の方が多いと仮定します。

すると、多過ぎるとお考えなのだとしたら、率直に反省をすべきだと思います。

本来は長きに定着して、同じ企業で活躍すべきだと考えているのに、止む無く転職を繰り返してしまったとお考えなのならば、理想に反した結果を繰り返しているのですから、反省するべきだと思います。

先ずはご自身が反省したら、履歴書のどこかにその旨を含ませましょう。

ですが、この点はマイナス要素なので、力説するのは藪蛇です。

全く反省をしていないと、求人している企業側が、この人材は入社しても又転職を繰り返す可能性が高いと見られてしまうので、それを打ち消す程度の反省が必要だと言うレベルです。

この反省はポジティブな自己ピーアールにはなりませんが、全くネガティブにもなりません。

コメントしておかない方がネガティブですから、ここはささやかに反省しておきましょう。

ポジティブな部分もあることを理解する

次に、転職回数が多いという事実は、ネガティブに捉えると忍耐力が無いという事になりますが、ポジティブに考えると複数の企業に就職した経験の持ち主という事でもあります。

自己ピーアールをポジティブに表現した方が良いので、今までに就業した企業での経験を積んだという論調でピーアールしましょう。

企業によっては事業内容も社風も業務遂行方法も違うのですから、それぞれの企業で学べた事がある筈です。

そして、ご自分が体得した事や、スキルが身に就いた事がある筈です。

一つの企業でしか就業していない人にはわからない、複数企業に就業した者だからわかる事を書き語れば宜しい訳です。

転職回数が多いという事は、それが事実なのですから。

一見ネガティブに見える状況を、一転ポジティブに変えられる視点です。

意思表示をしっかりする

最後に、応募した企業に入社できたら、今後は末永く働きたいという意思表示をしましょう。

第一の反省に立って、その反面教師の方向性を示すのです。

今までの企業では、転職を繰り返さざるを得ない原因があったから転職をしたので、これは本位ではなく、定着したい為に御社に応募しているという論調が宜しいと思います。

どうしても求人している企業側は、転職回数の多い人材に対しては、ネガティブに捉えるのが普通です。

それを、覆していくには、継続勤務したいという意思表示を強烈に出す事が必要です。

主張というのは、最も訴えたい事を声を大にして主張すべきなのです。

ですから、最後に末永く働きたいという意思表示を明確にしましょう。

まとめ

何れにしても、履歴書のスペースには限りがありますから、この三点のポイントを簡潔に整理する文章表現力が求められます。

ネガティブになることなく、ポジティブに表現しましょう。

ご参考にして頂けたら幸いです。

また、転職の自己PRの例文を参考にされるのもいいかもしれませんよ。